無料ケータイHP

⇒石に枕の携帯日記

累計アクセス:93256
Webの「枕石漱流 日記」の携帯出張版です。

2008/11/25(火)
「コンプレックスが見えてくる時1」

コンプレックスは、なかなか見ることができないもの、認識できないものですが、時に、それが見えてくることがあります。

というのは、それそのものはなかなか見ることができないんですが、それが別のカタチとして表に出てくるということです。



コンプレックスというのは、いろんなものをごっちゃにしてしまう性質を持っています。

例えば、あるコンプレックスによって、

「男が嫌い」とか、
「女が嫌い」とか、
「ある年代の者が嫌い」とか、

そういう風に言ってしまうことがあります。

(嫌いという表現よりも、苦手というほうが的確かもしれません)


あるいは、

「男なんて○○だ」
「女なんて○○だ」
「あの年代は○○だ」

そういうことを言ってしまうこともあるでしょう。


こういうのは冷静に考えれば、つじつまが合わないことであって、男にも女にも、それぞれの年代にも、いろんな人がいるわけで、そのカテゴリだというだけでぶった切れないものです。

部分としてはそういうこともある。

しかし、詳細としては違うこともまた多い。

その人その人を見ないことには分からない。

そういうものでしょ。

だって、自分が男だから、女だから、ある年代だから、そういう理由で、見もしないで判断されたら嫌でしょう。

そんな失礼なことはない。

しかし、人間というのは、そういうことをしがちです。

ログイン


無料ケータイHP


FC2無料ケータイHP