無料ケータイHP

⇒石に枕の携帯日記

累計アクセス:93253
Webの「枕石漱流 日記」の携帯出張版です。

2008/09/23(火)
「修復しようとした試み3」

で、ぼやかすのはいいのですが、やはり感情というものは存在するわけで、何らかの「それ」をぼやかすもんだから、感情は処理されない。

あるいは感情があまりに大きすぎて処理できないものだから、後に回す、保留することになってしまう。

もう少し血栓的な見方をするなら、傷を引き裂かないために、感情はそこに留まり、処理されるよりはそこに張り付いて傷を塞ぐことに使用される。

これにより傷は開かず、致命傷にもならない代わりに、処理されない感情は残ることになる。

しかも、「それ」とよく似た感情を発生させる状況というのは何度もあるわけで、その度にうまく処理されない感情は募ることになります。どんどん蓄積されてしまう。

コンプレックスの核が、似たような感情を巻き込むのだとすると、同じような状況に身を置く度に、小さな感情を巻き込み、混同し、コンプレックスは大きくなることになります。

ログイン


無料ケータイHP


FC2無料ケータイHP