無料ケータイHP

World-Academyの日記

累計アクセス:1643
2012/02/10(金)

 今年の附属入試も終わりました。アカデミーからの合格者数は9名(うち一次2名)という結果です。ここ数年は抽選以外は全員合格でしたが、今年は残念ながらダメな方もいらっしゃいましたのは残念です。もちろん合格者の嬉しい報告をたくさんお聞きしました。しかし、それ以上に残念でありながらも報告していただいた方の気持ちを考えると、なんと毅然としてりっぱであるかと頭が下がる思いです。そんなお母さんのお子さんであればこの先はきっとりっぱに育ってくくれるであろう。また、もっと良い運をつかんでくらるだろうと思わずにはいられません。
 受験とは、特に幼児の小学校受験は家族が一体になって、子どもとともに進んでいかないといけません。型にはめられた能力の育成では子どもがかわいそうです。子どものもつ柔軟な発想やいきいきとした活発さを決して損なってはいけません。幼児の子どもに完璧を要求すること自体おかしいことです。未完成であっていいのです。しかし、基本的な能力は必要です。それは、ご家庭でまずお母さんが手取り足取り育てていくものです。決して人任せにしてはいけません。まして、大切な子どもの心の教育を他人まかせにしてはいけません。子どもの心の教育は、お父さんとお母さんが同じ考えのもとで育んでいくものでしょう。その根幹的なものがあってはじめて、塾で習い事を教わりその塾の方針のもとでさらなる力が発揮できていくものです。
 これからも受験を考えておられる方がたくさんいらっしゃると思います。子どもはお母さんの鏡です。しかし、お母さんだけでもいけません。お父さんも子どもにしっかりと関心をもってください。お母さんがおおらかなご家庭は、子どもものびのびと育ちます。お父さんが大胆に子育てにかかわっているご家庭は、子どもの可能性が限りないです。
 私は今年1月で55歳を迎えました。このことは、私の教育人生31年を通して、たくさんのお父さんお母さん子どもたちとふれあってきて体感した事実です。どうか子育てを楽しんでください。

ログイン


無料ケータイHP


FC2無料ケータイHP